記事の詳細

自然、天然といいました言葉やビジョンに惑わされませんようにしてほしい。野菜や果物は食べちゃって身体によいからと、肌に直接つけてシミができたりカブレたりした例をいまだによく聞きます。

天然素材を原料とする漢方薬なども、普通のクスリと同じくおのおの副作用があげられます。自然派・天然派をうたっている化粧品の中には、まじめに取り組まれるところもあるが、「自然」というビジョンを売り物にしまして、内容と現実が違いましてることがうんとみたいです。

最近は一時のブームが去り少なくはなってしまいましたが、有効成分を抽出精製したものは別としまして、きゅうりやアロエ、ヘチマやレモン、中にはアボガドなどの植物を直接肌につけることはソラーレンなのどのアルカロイドが含むために実際には皮膚に害があるのです。自然、天然のものですから身体に良く健康的というビジョンは作られましてしまったように思えてならない。

自然の中で育くまれた野菜、果物、薬草はないのではなることはないものでしょうけど、まだ何が含まれるか解っていないほうが幾多のからだ。自家製の化粧品を作る方も多くなってるのですが肌の安全を考え、十分に注意してください。

挑戦してみることさえ禁物です。自然・天然のものだから安全ということはイメージで何の根拠もないです。

さらに、どんな化粧品も化学的に合成したものを一切使わないでは作れません。自然・天然だから安全というものは完全に間違った誤解です。

顔の皮膚に直接、植物(酒かすやお味噌などの発酵食べ物類も)などをつけることは冒険を通り越しているのです。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る