記事の詳細

肌表面が乾いてきたら、皮膚内面から角質表面まできりっとと水分を満たしてくれます。これらはお肌の、どの部分で労働してるのかお分かりいただけたでしょうか?次みたいに4つのはたらきがはたらくことで、肌トラブルとは無縁に!常に潤いがあって、なめらかで、キメが整って、ハリのある、透明感がありまして、敏感症状ではないお肌でいられるためす。

そうやることで、菌の繁殖・水分の蒸発を防ぎ、紫外線の侵入をもやわらげてもらえる、乳液、美容液クリームのような役割を果たしてもらうのです。皮脂分泌力はくすみ取りローションのような役割です。

そのおかげで、お肌はふっくらしてキメの整ったお肌になるでしょう。毒素排泄力に皮脂分泌力が皮脂と汗がバランスよく皮膚表面で混ざり合い、お肌表面は弱酸性の皮脂膜が張れます。

お肌が喜ぶ4つの働きをご紹介します。皮膚内の老廃物を体外に排出するだけで、透明感のあるお肌になるんです。

毒素排泄力は美容オイルや毛穴パックのような役割をしているのです。自然代謝力はシミとりクリームにみようかな役割。

肌表面に脂分足りなくなりましたら肌表面の滑らかさを保つために、皮脂線から皮脂を適度に分泌し水分の蒸発をしないようにキープして潤いのある、なめらかなお肌を保ちつづけてくれます。不要となった角質細胞をアカとして押し出すことで(ターンオーバーして)メラニンをあわせて排出して、シミのない透明感のある肌に仕上げてくれるのでしょう。

お肌は世界で一番あなたにあった化粧品をつくってもらえる天然の化粧品工場といっても言いすぎではなくなったのです。保水力は化粧水のような役割。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る